ホーム → グレイス日記

グレイス日記

発売までのカウントダウンの様子、悪戦苦闘の日々のこと、ラム酒造りに関わっている人たちの横顔、時には沖縄の耳よりな情報などなどあれこれとお知らせしていきます。

はじまるよ〜

2006年01月12日

私は昨日から工場です。

来週から2006年版アグリコールの製造がはじまりまぁす♪
(販売はまだまだ先ですよ〜。夏の予定ですぅ)


アグリコールの製造といえば・・・

サトウキビを搾汁機に投入する作業に命をかけ
全身筋肉痛になってがんばった日々を思い出します。

コルコル(赤)をつくる工程よりも
時間と作業を何倍も要するアグリコール(緑)

人手がほしくてほしくて 飢えていたら
わたしたちの汗と涙に心をうばわれた(?)
★取材陣がお手伝いをしてくれたり
★東京から手弁当でお手伝いにきてくれた雪蔵さんや松下さんがいました。(T-T)
★親会社のスタッフも「この苦労は一緒に体験すべき!」と
2日間搾汁機の前に張り付いて全身筋肉痛を一緒にあじわってくれました。

こんな風にみなさまの愛に包まれて出来上がったアグリコールです。
お手伝いしてくださったみなさまに改めて★感謝★申し上げます。

そして本日・・・
来週からはじまる2006年版アグリコールの製造に向けて
ボラバイターの高野さんと佐藤さんが南大東島に来てくれます♪
約3ヶ月間、農家の濱ちゃん宅に住込みで
サトウキビの収穫作業と搾汁作業をやってもらいます。

高野さんと佐藤さん、きっと不安ですよね。
慣れない島で
慣れない生活と
慣れない仕事

仕事はきついと思いますが
お2人が楽しく仕事ができるよう
スタッフみんなで配慮しますからね〜。
一緒にがんばりましょう!!

そして私たちがつくったアグリコール&コルコルを
こよなく愛し、飲んでいただいているファンのみなさま
いつも応援ありがとうございます。
なんといっても
みなさまがグレイスラムを愛用してくれるので
私たちはアグリコール&コルコルをつくることができるのです。
あらためて★深謝★申し上げます。(T-T)

これからも手作りにこだわり
1本1本愛情を込めてつくってまいります!

ブログを通じて
サトウキビの収穫風景や
工場での搾汁作業の様子を
みなさまにお届けいたしますのでどうぞお楽しみに〜。(^0^)

Posted by 金城祐子

あけましておめでとうございます。

2006年01月06日

みなさぁん♪あけましておめでとうございますぅ。

楽しくお正月を過ごされたかと思います。

私は「年内に片付けます」と宣言した、
私の席の後ろに積まれた荷物を処分するのに
29日は夜11時までかかりました。


お正月、挨拶まわりにでかけようと
5歳の息子に
「今日はお出かけなのでこのズボンを着てね」というと

「いやだ。何でお母さんが決めるの!自分で決める!」
と反発。

ちょっとバトルをしていると
息子が「じゃぁ、お母さんの洋服は僕が決める!」といって
私のタンスの中から寝巻きを出してきたのです。
寝巻きを突き出し「お母さんはこれ着て!」と息子。

やられた。。。と思いました。

確かに勝手に決められると面白くないですよね〜。


★お正月
★お出掛け
★よそ行き
★おしゃれ
の意味を教え、しぶしぶ納得してもらいましたが
まったく自己主張の強い息子です。
今年は「教育」もしっかりしなくっちゃと思いました。

2006年も もう6日も経過してしまったのですね。
早すぎ〜。

「今年は戌年なので沢山走る年」だそうです。
壁にぶち当たり、いっぱい吠えながらも成長する年にしたいと思っています。

みなさん
くとぅしん いっぺ〜 ゆたしく うにげぇさびら♪
(今年もどうぞよろしくおねがいいたします)

Posted by 金城祐子

★ありがとうございました★

2005年12月28日

みなさぁん♪
年末、いかがお過ごしですかぁ〜

今年最後の注文受付が無事に終わりました (^O^)
ありがとうございました。

2005年のグレイスラムは
いろんなことがありすぎて
まさしく激動の2005年でありました。

7月
CORCOR発売開始⇒みんなで喜ぶ。


8月
お客様から寄せられた
CORCORの感想はそれぞれでしたが
いろんな意味でがんばろうと気持ちを改める。


9月
グレイスラムの監査役:照屋聡さん死去。
私の大好きな、私たちの大好きな照屋さんが
突然の病に倒れ天国へ行ってしまいました。(享年38歳)
私の前職アステル沖縄でもとても可愛がってもらい
このビジネスプランを社内ベンチャーへ応募したときから
ずぅっと私のそばにいてくれた照屋さん。
社内審査がうまくいかず
照屋さんの前で何度も泣いたし、
照屋さんに何度も助けられました。
仕事ができて、心が優しく、
おしゃれで、グルメで、ユーモアあふれる彼の死を誰もが悔やみ
私たちグレイスラムは仕事が手付かずの9月でした。


10月
沖縄の産業祭りで「県知事奨励賞」を受賞

11月
商工会特産品フェアで「県知事最優秀賞」を受賞

12月
離島フェア初出店

そして12月は悲しいことがもうひとつ。
グレイスラム東京広報部長:浅野啓兒さん死去。(享年57歳)
常務の伊藤つながりで
事業計画を立てている段階から関わってもらっていたのです。
ダンディな浅野さん。
浅野さんとは
「これから一緒にもっともっと動こう!」
って言っていた矢先でした・・・
「男はラム酒で祝い 女はラム酒で始める」
「男は勝ち取った後に そして 女はこれから勝つために・・・」
このセリフは私たちの会社概要(ホルダー)に載っている浅野さんの作品です。
浅野さんのこの想いを心して、走り出した2005年でした。

こんな風にいろんなことがあったこの1年。
みなさまに愛され支えられた2005年でありました。
みなさまからの励ましのお言葉や
日記を読んでの感想も沢山いただきました。
ありがとうございます。

おしかりのお言葉をいただくこともしばしば。。。
おしかりの言葉の中にもあたたかさがあり
私たちグレイスラムはホント、みなさんに支えられています。
ありがとうございます。

2006年も愛情を込めてラム酒をつくり
そしてみなさまに喜んでもらえるような
企画を生み出せたらな〜と思っています。

みなさまの為にも
天国で私たちのことを見守ってくれているであろう2人の為にも
2006年はおもいっきりがんばります!

今日と明日は残務処理をしながら
1年前、引越してきたときから放置したままの荷物を片付けなければ・・・


みなさぁん♪
どうか来年もグレイスラムを御ひいきの程
よろしくお願い致します。

★よいお年をお迎えくださいませ★

Posted by 金城祐子

手帳を買いました♪

2005年12月23日

ここ数年、コンピュータの中だけでスケジュールや
ToDo つまり ”やらなくてはいけないことリスト” の管理をしていました。

グループウェアと呼ばれるしくみを使って
自宅や会社のパソコンまたは携帯電話、
出張先などでもインターネットが繋がる環境であれば
スケジュールの確認もメールの送受信も出来ちゃうのでとても便利です。

もっと便利なのは、社内全員のスケジュールも確認できるので
私たちのように那覇と南大東、400キロも離れ離れの会社は
とてもとても助かっています。


が、しかし!
人は得るものが大きいと失うものはもっとデカイ。

私が便利さと引き換えに失ったものは・・・脳細胞。


その昔は周囲に驚かれるほどの記憶力でして、
一度会ったら顔と名前を覚えてしまう。
電話番号も受話器を握れば、指が勝手に回す(あぁ古っ!今は押す)
更には他人の過去の出来事、言動まで覚えているほどでした。(こわっ)

私の記憶術のカギは書くこと。
事細かに書いているわけではなく、
12時昼食カレーライスとか
15時○○会社 △さんといった具合で書いていると
その言葉に連動して、その時の会話の内容とか思い出せたのです。


そんな私の現在はというと、
.好吋献紂璽襪頭に入っていない。
電話番号が覚えられない
2歩歩くと何をしようとしていたのかも忘れる。
い昼食べたメニューが思い出せない・・・・。

名づけて!
「よしこさん飯はまだかね」
「おばあちゃん、さっき食べたでしょう」現象が
私を苦しめているのです。。。。

い郎个里擦い任靴腓Δ
´△老搬咾筌僖愁灰鵑飽預犬靴討い襪擦い世らだと思います。

更に ”漢字読めるけど書けない現象” も顕著となりました。
これもパソコンの功罪なんでしょうね。

体も頭も使わないと錆びちゃうってホントなんですね。
やっぱり自分の手で書くという行為は大事大事。

とある本にこうありました。
『整理』とは、必要なものがすぐに取り出せる状態にする
『整頓』とは、必要の無いものを処分する

”書く”というのは、頭の中の整理整頓。
やらなくちゃいけないことばかりに追われ、
優先順位すらままならない今だからこそ書かなくちゃね。

また忙しいとついつい仕事でもプライベートでも、
電話で用件を済ませようとしちゃいます。

言葉だけで伝えると、聞き間違い、聞き漏れ、双方の勘違い、
個々の感覚の違い、(少し早くの”早く”は何分?というった類)
そして用件を忘れられるなど様々なミスを引き起こします。

思いは書いて伝えなくちゃ。
そうそう書いて・・・・・・そっか!  なぁんだ。そっかぁ!

結婚した途端に、サンタさんからクリスマスプレゼントがこないと思ったら
お手紙書いて靴下に入れてないからだぁ。  なぁんだ。そっかぁ!

早速今夜、大きくマジックで書いて、
枕元に置いてお〜こうっと♪ ( ^_^ )

Posted by 高良裕江

多数のご応募ありがとうございました。

2005年12月21日

先日

サトウキビの収穫作業と搾汁作業をやってみませんか?

と、呼びかけしましたところ・・・

早速、履歴書が続々と届きまして

2名の採用が決まりました!


ご応募いただいた皆様本当にありがとうございます。

今回不採用になった皆様、本当にごめんなさい (×〜×)

2007年度版アグリコールを造るときに

またよびかけしますので

その際には是非よろしくおねがいいたします。


さてさて

今年も残すところあと10日ですね〜。

みなさまもあわただしい毎日をお過ごしかと思います。


先日、GMが

お客様との会話の中で

「うちは年中、師走ですから〜」

といった一言が我ながらにヒットしまして

ホント、年中パタパタしてるよね〜

いつになったら落ち着くんだろう。

と、改めて実感しました。


去年の12月28日御用納めの日

私たちがイソーローしていた親会社を

まるで夜逃げするように巣立ち

ここに引越してきましたが

その時の荷物が

いまだに片付けきれなくて

私の後ろに積まれたまま・・・

おそろしい・・・1年も手付かず・・・

残された10日間で

絶対片付けます!

Posted by 金城祐子

『グレイス日記』のバックナンバー

← 前のページ   次のページ →

p1 / p2 / p3 / p4 / p5 / p6 / p7 / p8 / p9 / p10 / p11 / p12 / p13 / p14 / p15 / p16 / p17 / p18 / p19 / p20 / p21 / p22 / p23 / p24 / p25 / p26 / p27 / p28 / p29 / p30 / p31 / p32 / p33 / p34 / 全ての記事


お酒は20歳をすぎてから。
本社・工場
901-3803沖縄県島尻郡南大東村字旧東39-1
Tel.09802-2-4112/Fax.09802-2-4113
事業所
900-0036沖縄県那覇市西2-20-17
大共港運(株)本社 1F
Tel.098-941-3610/Fax.098-941-3611

Copyright © 2004-2008 Grace Rum Co., Ltd. All Rights Reserved.