ホーム → グレイス日記

グレイス日記

発売までのカウントダウンの様子、悪戦苦闘の日々のこと、ラム酒造りに関わっている人たちの横顔、時には沖縄の耳よりな情報などなどあれこれとお知らせしていきます。

コルコルナイトは大盛況!≪その1≫

2006年11月16日

前に日記書いたのはいつだったかな? 思い出せない。。。(>_<)

東京や島根のイベントでもご来場のお客様に
「日記は??」と尋ねられました。 ほんとごめんなさぁい。


沖縄に戻ったら雑務に追われちゃうので、行脚中ですがイベントのご報告を。


          
東京のイベントはとちらも大盛況!

特に神田「やいま」さんは、数日前から予約でいっぱいになり、
泣く泣くお断りをしなくてはいけなかった方がたくさんいたようです。
ほんとありがとうございました。

当日は60名の方々が会場に来てくださり、ありがとうございました。

その日、私たちは別件があったため、
22:30羽田着の飛行機でしか沖縄を離れることができず、
会場には伺うことができなかったのですが、
濱ちゃんライブ&南大東島観光大使吉澤直美さんが盛り上げてくださいました。

コルコルレーズン・アイスクリームも大好評!
Mr.自家焙煎 さん! ありがとう!


          

翌日のお昼は上野。
本土に住む南大東出身者の皆様の集まり 「大東会」 に出席し
CORCORカクテルを作りながら、COCORの紹介をさせていただきました。

出席者の方は70・80代の方が多かったのですが、
皆様お一人で電車に乗って会場に向かわれるほどのお元気な方々でした。

島のさとうきびからお酒ができたことを喜んでいただけて、とても嬉しかったです。


          

そして夕方からは、銀座わしたショップでのコルコルナイト。

日曜日の夜しかも東京でのこがらし第一号の日にもかかわらず、
たくさんの方に来ていただき、とてもとても嬉しかったです。

ショップの方曰く、
「日曜日に来られないからCORCOR買いに来ました」というお客さんも多く
コルコルナイトに用意していたお酒が少なくなってしまいました。」
もう感激です。(*^_^*)


135023047_94.jpg

          <撮影:江戸出張所番頭さん>


imga4350ed4ykv00s.jpg
        <撮影:南大東観光大使さん>


Posted by 高良裕江

CORCOR 梅酒

2006年09月20日

最近、何かと「梅酒」が話題ですね。


先日TVをつけてみると、
グレイスラムが当初からお取引のある東京 西麻布の長野屋さんが
梅酒について熱くコメントしていました。


そして今日は、グレイスラム江戸出張所の番頭さんが
昨今の梅酒ブームについてTV出演したようです。

ちなみに彼の本業は、フリーライターさんで
『梅酒を知る、飲む、愉しむ ―梅酒完全ガイド 収録本数全153銘柄― 』
という本を、最近手がけています。

梅酒.jpg

        

ちょうど世の中に青梅が出回り始めた6月。
私たちはちょっとした誘惑にかられました。

「コルコル デ ウメシュ ツクッタラ・・・?」

なんて贅沢な誘惑〜。
超高額な梅酒になっちゃう。(^_-)-☆


でも飲んでみたい。。。。  コルコル梅酒。


        

そんなある日、社長が
「おうちに梅酒用のビンがあったので持って来ました♪」
「やるぞ!」
「おー!!」
ということで、作っちゃいましたコルコル梅酒。


私たちでは良い作品ができないかもと思ったので
江戸出張所番頭さんにも指令を出し、試作とお知恵を拝借。

青梅コルコル.jpg

梅は群馬県産「白加賀」を手に入れ、
砂糖も、氷砂糖と黒糖の2パターンで作ってみました。

COR COR 720ml (1本)に対して
2リットルの広口ビン


COR COR赤(糖蜜原料) 720ml
COR COR緑(アグリコール) 720ml

それぞれに

青梅600グラム+氷砂糖200グラム
青梅600グラム+黒糖200グラム

コルコル(赤)・アグリコール(緑)
それぞれ砂糖違いで作ったため計4本の
CORCORが必要になります。

わぁ〜 贅沢!!

4本梅酒.jpg


ラム酒はサトウキビが原料なので
砂糖200グラムと甘みはちょっと少なめにしてみました。

手順は簡単!

梅を洗い、ヘタを取り、よく拭いて、乾かし
砂糖・梅・砂糖・梅で仕込み、CORCORをドボドボドボ。


このドボドボに勇気は要りますが。。。。(^^ゞ


青梅アグリコール.jpg


漬けている時から事務所中はラム酒の香りが〜 (^◇^)


出来上がりは・・・・・。
うふっ。


また今度お知らせしますね。




こちらも発売当初からのお取り扱いいただいている
東京 町田・酒舗まさるや さんでは
紀州産南高梅の完熟実で COR COR 梅酒を作ってくださっているようです。


来年、皆様もぜひ!


コルコル梅酒.jpg

Posted by 高良裕江

素敵な出会い

2006年08月31日

もう日記じゃなくて、すっかり”月報”になってます。(ーー;)

        

        
今月は普段に増して あっと 言う間に過ぎ去ってしまいました。

おかけ様で無事1周年を迎えることができ、
サイト内の限定商品や、プレゼント企画も大好評で、
沖縄県のみならず様々なメディアにも取り上げていただき
あまりの忙しさに嬉しい「きゃー!!」を上げていた1ヶ月でした。

        

        

発売から1年。


当初はいただいたご注文に対応するだけで精一杯でしたが、
なんとか常時販売にもこぎつけることができ
このごろは積極的に、いろんな場所やイベント会場
CORCOR 試飲販売などを行っています。


やはりラムは、まだまだ日本では馴染みのないお酒。。。。。。

自分たちで言うのもなんだけど、お手軽な価格ではないし。。。

とにかく手にとって、口にしていただくまでが難しい。。。。。。。

        

        

こんなに手間も愛情もかけて
一本一本大切に造っているんだから
この子たちをたくさんの方々の目に触れさせたい!
皆さんの率直なご意見を聞きたい!   と
”笑顔”と”元気”しかないグレイスラムは、
悩んでいるより行動を始めたのでした。

        

        


「南大東島のサトウキビがラム酒になりました!」
「お味見いかがでしょうか!!」
「ラム酒、いかがっしょ!!」

        


昨年 那覇の国際通りで試飲販売していたときに、
偶然テレビの関係の方が足を止めてくださり
CORCORと南大東島に興味をもってくださったのが
「ナイナイサイズ」の南大東ロケのきっかけ。

        

        

そして春。
那覇空港で金城祐子社長が自ら、
バドガール ならぬ ”コルコルガール”をしていた時、
ふと足を止めてくださった素敵な女性がいました。

とても興味を示していただき、
搭乗時間も迫っているのにも関わらず
CORCORをお買い上げいただきました。


        

なんとその素敵な女性は
「オレンジページ」や「きょうの料理」などで活躍されている
料理研究家の小田真規子(スタジオナッツ)さんでした。

実を言うとそのときは、全然気づかず、(失礼しました m(__)m )
あとでお電話があって、皆でビックリしました。


普段はダーク・ラムを好まれている小田さん。
CORCOR を飲んでホワイト・ラムにも魅かれたとのこと。

        

        

そんなご縁があって、
小田さんがレシピを手がけているお料理レシピサイト
「色・鮮・旬のスペシャルなレシピ  くすだま 」で、
ご紹介いただいております。


嬉しいことに
「OKINAWAN RUM CORCOR」
〜珊瑚の冠という名の極上のラム 〜

もったいないタイトルでのご紹介です。


更に「CORCOR」をつかったオリジナル・レシピ
「沖縄生まれのラム、コルコルに魅せられて」を、
9月のオリジナル・レシピ特集で紹介してくださることになりました。

ほんとうにありがとうございます。m(__)m
        

        


CORCOR とスペシャルな食材の素敵な出会い。

どんなお料理やカクテルになるのか
なんだかドキドキ・ワクワクします。(^^♪

Posted by 高良裕江

★★★おかげさまで1周年♪★★★

2006年08月04日

みなさまのおかげさまです!!!

コルコル発売開始から1年を迎えました。(2006年7月30日)

慣れないことばかりで、毎日が時間との戦いだったこの1年。

みなさまに励まされ、スタッフに支えられ(頼りない社長なもので・・・)

忙しい中にも楽しさのあるそんな1年でした。

みなさまにはご迷惑をおかけしたことも多々あったかと思いますが、

グレイスラムをあたたかく見守って下さり、ご指導下さったことを

心から感謝申し上げます。

まだまだピヨピヨのグレイスラムですが

これからもコルコルにすべてを賭け

みなさまに楽しんでもらえる企画を練りに練り

スタッフ一同精進して参りたいと存じます。

くりからん いっぺ〜 ゆたしく うにげぇ さびら
(これからもどうぞよろしくお願いします)

さてさて
この週末から沖縄は旧盆ですね〜♪

長男の嫁である私は、
かなりハードな3日間となります。

でも沖縄のお盆は、準備もいっぱいあって大変だけど
楽しみも2倍ですよ♪

久しぶりに親戚との顔合わせ(^0^)/
そして、街中に響き渡るエイサーの音に心が弾み♪
更に!!
今年のウークイ(精霊送りの日)は、
甲子園!八重山商工高校の対戦日ですね♪
ご先祖様も一緒に応援だぁ〜。

がんばれ八重山商工ナイン!

そうそう忘れてた・・・

宣伝しなくっちゃ!


県民のみなさぁん (^0^)

お供え酒には、是非、県産品コルコルを!


ご先祖様に

「ウヌサキヤ、ウージカラ、チュクテ〜ンド〜」
(この酒は、サトウキビからつくられているよ)


と、ひとこと言ってみると

きっと
「アンルヤリ〜!ウージーカラナ〜? ナチカサンヤ〜 ンカシ、ユーヌランヤー」
(そうねぇ!サトウキビからねぇ? なつかしいさ〜 昔、よく飲んだな〜)


という答えが返ってくるはずです!!!


昔の沖縄では、
各家庭や、各集落でサトウキビ(糖蜜)からお酒(ラム酒)を造っていたそうです。
いわゆる密造ですが・・・

もちろん「ラム酒」という名前ではなく、
「糖蜜酒」とか
南大東島では、度数が強いことから
「爆弾」と言われていたそうですよ。

コルコルをお供えすることで
ご先祖様は、例年以上に大満足の3日間になるかもよ!


ゆたしく。

Posted by 金城祐子

準備は着々と

2006年07月27日

進んでいます。 (^_^.)


もちろん
1周年に向けての準備ですよ。


みんながんばっていますので、もう少しお待ちくださいね♪

       
       

工場スタッフは、1周年に向けての新しい試みに
思考錯誤しながら準備にバタバタ。

       


       


一方
急遽、火曜日から東京入りの金城と伊藤コンビ。

1泊2日の予定なのに、10件もののアポ。 (いつものことですが・・・)

ジメジメ、シトシトの中、歩き廻り、
ヘトヘトになった模様。。。。

       


       

私は私で、いろんな方々との調整で、
電話、訪問、会議ざんまい。

今週は人と話しすぎて、
社長も私も声がおかしいです。

特に社長なんか、ただでさえ自称 「酒やけ声」 なんですが、
もう今日などは、会う人会う人に
「ラムの飲みすぎですか?」
「ニューハーフぽい!」と言われちゃってます。

お聞かせできないのが残念。。。。。

       


       

サイト内の準備も佳境を迎えてます。


写真撮影のため事務所が臨時スタジオ。

こんな感じでがんばってます!

   ↓   ↓   ↓   ↓


tahara1.JPG


tahara2.JPG


このカメラマンは、突然呼び出した私の親友。

本業は役者。
『Theater TEN Company(仮称)』という劇団を持っています。


自分で公演のちらしやサイトも作っているので、
こんなことは朝飯前だろうと信じて頼んでみました。


ギャランティーは事務所裏のジャッキーステーキで。


       

       


そして真打!
グレイスラムのサイトには、運営、管理の師匠がいます。
彼を敬って、名づけた呼び名は「葱抜番頭」


名前の由来は、そば好きなのに葱が嫌いだから。
なのでオーダーのとき 「葱抜きでお願いします」って言っちゃう。

蕎麦なら葱は別にありますが、
沖縄そばは同じどんぶりの中に、たっぷりとかかってるんだよね。


彼のそば好きは、沖縄そばのみならず、蕎麦にも造詣が深い。

「江戸っ子は、そばつゆに浸さないのが粋ってもんよ」とは
落語の話?  番頭さんもそう?


一段落したら、大東そば ごちそうします!
もちろん葱抜きで。。。。

Posted by 高良裕江

『グレイス日記』のバックナンバー

← 前のページ   次のページ →

p1 / p2 / p3 / p4 / p5 / p6 / p7 / p8 / p9 / p10 / p11 / p12 / p13 / p14 / p15 / p16 / p17 / p18 / p19 / p20 / p21 / p22 / p23 / p24 / p25 / p26 / p27 / p28 / p29 / p30 / p31 / p32 / p33 / p34 / 全ての記事


お酒は20歳をすぎてから。
本社・工場
901-3803沖縄県島尻郡南大東村字旧東39-1
Tel.09802-2-4112/Fax.09802-2-4113
事業所
900-0036沖縄県那覇市西2-20-17
大共港運(株)本社 1F
Tel.098-941-3610/Fax.098-941-3611

Copyright © 2004-2008 Grace Rum Co., Ltd. All Rights Reserved.