ホームラム酒講座 → ムードに合わせて楽しめるラム

ラム酒講座

ムードに合わせて楽しめるラム

2004年09月19日

ラムは風味の重さで3タイプに分けられています。
軽い順から紹介すると、ライト、ミディアム、ヘビーとなります。
この風味の違いは、蒸留方法と熟成方法によって様々に変わってきます。


・ ライト・ラム
水で薄めた糖蜜を、純粋培養酵母で発酵させ、連続式蒸留器で蒸留します。アルコールの度数を調整する割り水を行い、
貯蔵タンクまたは内側を焦がしていない樽で、熟成・ろ過します。
やわらかな風味とデリケートな味が特徴です。


・ ヘビー・ラム
糖蜜を自然発酵させ、更にさとうきびのカスなどを足して再発酵させます。
この発酵工程によってヘビー・ラムの独特な風味がつきます。
蒸留は単式蒸留器で行い、内側を焦がした樽で3年以上熟成させると
樽から色や香りが染み出て、濃い褐色で豊かな風味のラムが生まれます。


・ ミディアム・ラム
発酵方法や蒸留方法をライトとヘビーの中庸をとって製造されているため、
雑味のないラムを味わうことができます。
旧イギリス領では単式蒸留器、旧スペイン領では連続式蒸留器が
使用されていることが多いと言われています。


他にもハーブや果実で香り付けしたラムを、フレーバー・ラムといい、
ブラジルのビンガ、東南アジアのアラックもラムの仲間と言えるでしょう。


ラムはカクテル!というイメージが強いのですが、
ラムの持つ豊かな味わい香りを楽しむためにも、
ロックやソーダ割りなどで楽しんでみてはいかがでしょう。

今夜の私の気分は・・・・ゴールドのロックかなぁ。

Posted by 伊藤麻由子


お酒は20歳をすぎてから。
本社・工場
901-3803沖縄県島尻郡南大東村字旧東39-1
Tel.09802-2-4112/Fax.09802-2-4113
事業所
900-0036沖縄県那覇市西2-20-17
大共港運(株)本社 1F
Tel.098-941-3610/Fax.098-941-3611

Copyright © 2004-2008 Grace Rum Co., Ltd. All Rights Reserved.